So-net無料ブログ作成
検索選択
早大エクステンションセンター ブログトップ
- | 次の10件

【早大エクステンションセンター夏講座講義概要】 ゴシックの美術と建築-大聖堂の意味とかたち- [早大エクステンションセンター]

ゴシックの美術建築-大聖堂の意味とかたち-

曜日: 木曜日
時間: 13:30-15:30
回数: 8回
日程: 7/20-8/17, 8/24-9/14

■到達目標
中世ヨーロッパの建築は、柱や天井などの諸要素が象徴的な意味を担っており、中世の世界観を表現しています。本講座では、大聖堂のシンボリズムを読み解くための手法として、中世美術史の基礎から応用までを系統的に学びます。様式史と図像学の習得により、ゴシック美術の本質に迫ることを目標とします。

■講義概要
パリ、バルセロナウィーンなど、古代・中世以来の都市の多くで街の中心にそびえ立つゴシックの大聖堂を見ることができます。今もその偉容を誇るカテドラルは、近代の芸術家たちにも多大な影響を与えました。中世の美術と建築を理解することは、西洋の精神文化の深層へと至る道の一つだと言うことができます。本講座では、多数の写真を鑑賞し、まずゴシック建築の空間構成を把握します。その上で、ゴシックのステンドグラスや彫刻が、建築の象徴的意味とどのように関わっていたのかを明らかにしていきます。

■各回講義予定
第1回  ロマネスクからゴシックへ -初期ゴシック様式の成立-
第2回  ゴシック建築の構造と様式
第3回  ゴシック建築のシンボリズム
第4回  ゴシック彫刻
第5回  ゴシックのステンドグラス
第6回  ゴシックの工芸
第7回  ゴシックの写本挿絵と壁画
第8回  ゴシックからルネサンスへ -初期ルネサンス様式の成立-

http://www.waseda.jp/extension/


nice!(0) 

2006年度通年講座  【ロマネスク建築の図像学―聖堂壁画と建築空間―】 [早大エクステンションセンター]

1. 講座

ロマネスク建築の図像学―聖堂壁画と建築空間―

 2. 曜日・時間帯
木曜日 10:40-12:10  
年間 (4/20, 4/27, 5/11, 5/18, 5/25, 6/1, 6/8, 6/15, 6/22, 6/29, 9/28, 10/5, 10/12, 10/19, 10/26, 11/2, 11/9, 11/16, 11/30)

3. 到達目標:
ロマネスクの聖堂は、建築と装飾が一体となった総合芸術です。空間のシンボリズムと壁画の主題・配置の問題は、切り離して考えることはできません。そこで、本講座ではキリスト教図像学と建築図像学、二つの方法論の習得を目標とします。

4. 講義概要:
ヨーロッパの中世は、信仰の時代です。切り立った崖の上、人家もまばらな田園に、簡素な石造りの教会が無数に建設されました。千年の時を経て、今も静かに佇むその姿は、訪れる人々の心を魅了します。現存作例は稀少ですが、内部には色鮮やかな壁画が描かれていました。そうした作品をスライドで鑑賞しながら、まず壁画の主題を読み取り、その上で建築空間との関わりについて論じます。最初の五回はキリスト教図像学の方法論(美術館見学を一回予定しています)、以後は建築図像学に基づいて考察します。

http://www.waseda.jp/extension/index.html


nice!(0) 
- | 次の10件 早大エクステンションセンター ブログトップ

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。