So-net無料ブログ作成
検索選択

玉川大学芸術学部講演会のお知らせ [講演・公開講座のご案内]


玉川大学芸術学部講演会

日時:  2010年11月6日 (土)、7日 (日) 13:00-16:00 

場所:  玉川大学視聴覚センター101教室

アクセス: http://www.tamagawa.jp/access/index.html

主催:  玉川大学芸術学部

入場料: 無料(予約不要・自由席)

 

コスモス祭芸術学部講演会500.jpg

 

A. シンポジウム  

ジャポニスムへの眼差し -サブカルチャーの誘惑-

11月6日(土) 13:00-16:00      司会: 本学教授 加藤悦子

1.  「ドイツ語圏のジャポニスム-1873年のウィーン万博とその影響-」  

  本学准教授 小倉康之

2. 「ジャポニスムの開始と終息-19世紀後半のフランスをめぐって-」  

  特別講師 宮崎克己

3. 「ジャポニスムの美学と粋の系譜」  

  本学教授 三井秀樹

4. 「海外における日本のアニメ -その人気をどう捉えるべきか- 」  

  特別講師 津堅信之

5. ディスカッション  パネリスト+参加者

 

 B. 公開講座・授業成果報告会

理論と実践 -芸術教育の新しい試み- 

11月7日(日) 13:00-16:00     司会: 本学准教授 林卓行

1.  開会の辞 「玉川の芸術教育」  

  本学教授 中村慎一

2.  「描いて学ぶ美術の歴史-図像学・様式史入門-」   

  本学准教授 小倉康之

3. 「西洋美術史の教科書制作-機能性とデザイン性の研究-」     

  芸術学部4年 坂本志央里

4. 「動物を描いてみよう-知っているようで知らない動物のかたち-」    

  特別講師: 伊藤恵夫

  ※鉛筆と消しゴムを持参してください。

5.  閉会の辞 「今後の展望-玉川大学の新しい試み」   

  本学芸術学部長 梶原新三

 


講演者・発表者略歴:


宮崎 克己 (みやざき・かつみ)
1952年埼玉県に生まれる。東京大学、同大学院、パリ大学大学院などで美術史を学ぶ。石橋財団ブリヂストン美術館学芸課長、副館長などを歴任。専門はフランス近代絵画史、美術における日本と西洋の交流史。著書に『西洋絵画の到来』(日本経済新聞出版社、2007年)、『ジャポニスム入門』(共著、思文閣出版、2000年)、訳書に『セザンヌ』(岩波書店、2004年)、手がけた展覧会に「モネ展」(1994年、ブリヂストン美術館)、「ルノワール~異端児から巨匠への道」(2001年、同)など。ジャポニスム学会理事。

伊藤 恵夫 (いとう・よしお)  
1958年東京生まれ。武蔵野美術大学造形学部油絵学科卒業後、国立科学博物館技術補佐員を経て、東京芸術大学大学院修士課程・博士後期課程修了。専攻:美術解剖学。博士(美術)。『ホネ事典』(日本語版監修)、『世界恐竜発見史』(日本語版監修)等。現在、武蔵野美術大学(生物学)、女子美術大学(生命科学)、横浜美術大学(美術解剖学)等で非常勤講師を務める。

津堅 信之 (つがた・のぶゆき)
アニメーション史研究家。1968年、兵庫県生まれ。近畿大学農学部卒業。大阪芸術大学講師、学習院大学大学院講師等を経て、2009年より京都精華大学アニメーション学科准教授。専門領域は日本アニメーション史。主な著書に、『日本アニメーションの力』 『アニメ作家としての手塚治虫』(以上NTT出版)、『アニメーション学入門』(平凡社新書)、『日本初のアニメーション作家北山清太郎』(臨川書店)などがある。

三井 秀樹 (みつい・ひでき)
1942年東京都生まれ。東京教育大学教育学部卒業。同大学教育学専攻科芸術学専攻修了。筑波大学芸術学系教授を経て、玉川大学芸術学部教授(筑波大学名誉教授)。専門は構成学、メディア・アート。著書: 『テクノロジーアート』 『美の構成学』 『フラクタル造形』 『ガーデニングの愉しみ』 『美のジャポニスム』 『形の美とは何か』 『かたちの日本美』 『メディアと芸術』 『オーガニックデザイン』 『新構成学』 『色彩デザイン学』 『建築とデザインのフラクタル幾何学』(共訳) ほか。

小倉 康之 (おぐら・やすゆき)
1968年千葉県生まれ。早稲田大学第一文学部卒業。東京芸術大学大学院修士課程・博士後期課程修了。博士(美術)。西洋美術史(ロマネスク建築史、建築図像学)専攻。著書・論文: 『イメージとパトロン』(共著、ブリュッケ、2009)、『現代スペイン読本』(共著, 丸善, 2008)、「第二次シュパイヤー大聖堂のアプシスと霊廟建築」(『美學』 第212号)など。横浜美術短期大学・共立女子大学講師を経て、現在、玉川大学芸術学部准教授。

坂本 志央里 (さかもと・しおり)
本学芸術学部ビジュアル・アーツ学科所属の4年生。卒業研究にて「西洋美術史の教科書制作
-機能性とデザイン性の研究-」に取り組む。初学者向け美術書の制作を志している。出版のコンセプトや執筆、図版の作成、製本に至る全てのプロセスを体験しながら、理想の出版物を生み出すためのデザイン理論構築を目指す。 

ポスター/リーフレット・デザイン: 坂本志央里

 


この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。