So-net無料ブログ作成
検索選択

イメージとパトロン [著訳書・論文等]

日曜日のキャンパスは静かです。窓を開けたまま仕事をしていると、夏には黄金虫(時にはカブト虫)、秋にはてんとう虫が飛び込んできて騒がしくなります。

夜遅く帰路につくと、途中で珍しい生き物に遭遇することがあります。春休みには、月明かりの中、目の前をタヌキが悠々と歩いていて、危うく踏みそうになり、びっくりしました。そして、先週、アナグマらしきケモノをみました。かなり尻尾が長かったので、違う動物かもしれません。真剣に、何か考え事をしていたはずだったのですが、何を考えていたのか、すっかり忘れてしまいました。自然豊かなキャンパスには、時に楽しいサプライズがあります。

イメージとテキスト-美術史を学ぶための13章』(ブリュッケ社、2007年)の続編、『イメージとパトロン』が刊行間近となりました。執筆者も増え、さらに充実したものとなりそうです。ご期待ください。


この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。