So-net無料ブログ作成
検索選択

ラヴェンナ, サンタポリナーレ・ヌオーヴォ聖堂 -1- [古代・初期キリスト教美術]

■ラヴェンナ, サンタポリナーレ・ヌオーヴォSant'Apollinare Nuovo聖堂 (テオドリクス王の宮殿付属アリウス派聖堂) 519年頃(493年から526年の間)


創建当初は救世主キリストに捧げられていたが、ビザンティン帝国に東ゴートが滅ぼされた後、聖マルティヌス聖堂となった。9世紀、初代ラヴェンナ司教聖アポリナリスの聖遺物がもたらされて再献堂され、サンタポリナーレ・ヌオーヴォ(新しい聖アポリナリスの聖堂)と改称された。ヌオーヴォ(新しい)とつけるのは、ラヴェンナ近郊、クラッセにあるサンタポリナーレ・イン・クラッセSant'Apollinare in Classe聖堂などと区別するためである。


nice!(0) 

nice! 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。