So-net無料ブログ作成
検索選択

「トマスの懐疑」の図像-分類- [キリスト教図像学]

西方タイプ・・・左右非相称の構図が多い

東方タイプ・・・左右相称の構図が多い

 ________________________________

タイプA・・・キリストの傷を見て、トマスが信仰告白をしている場面を描く。閉じた扉はキリストの神性を表し、聖書の「戸にはみな鍵がかけてあったのに、イエスが来て真ん中に立ち」という部分を視覚化したもの。復活したキリストが現実の肉体を伴って現れるため、キリストの神性を表すために鍵をかけた扉が描かれる。

ラヴェンナ サンタポリナーレ・ヌオーヴォ聖堂 5世紀末 (493-496) /519年

________________________________

タイプB・・・キリストは左手を上げ(またはオランスのポーズ)、トマスは自分の意志で指を差し入れている。4世紀にはキリストが右手を挙げている作品もあったが、アウグスティヌスによって脇腹の傷が「善」の側である右脇腹(むかって左)であるべきだと論じられて以来、「右脇腹」の傷、キリストが右手を挙げるポーズが主となる。

ミラノの石棺 浮き彫り 4世紀第二四半世紀

北イタリア制作の象牙版 420-430年

コデックス・エグベルティ 

________________________________

タイプC・・・キリストは右手でトマスの腕をつかみ、その指を傷口に入れさせている。初期にはシリア・パレスティナに作例が見られ、その後はコプト13番を除いてはほとんど用いられなかった。ビザンティンでは左右相称の構図をとりながら、タイプBの図像へと移行。その逆に、中世後期のライン河流域において、タイプCの作例が散見されるようになる。

モンツァの聖地記念香油瓶 6世紀初頭 モンツァ 書物=学識を表すアトリビュート

ストラスブール 聖トマス教会 テュンパヌムの彫刻 1230年

 


nice!(0) 

nice! 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。