So-net無料ブログ作成

【2006.4.20 参考資料】 スペイン絵画における「無原罪の御宿り」の図像 [早大エクステンションセンター]

この図像は、マリアの母アンナがマリアを宿した際マリアは原罪の汚れをまぬがれていた、つまり、情欲なしにアンナがマリアをみごもったのだという教義を視覚化したものである。三日月は「純潔」を象徴する。そして、「閉ざされた庭」「鏡」は処女性一般の概念を暗示し、「閉じた門」も処女性の隠喩である。以下は聖書におけるこの教義との関連箇所。

■創世記(3:15)

このようなことをしたお前は
あらゆる家畜、あらゆる野の獣の中で
呪われるものとなった。
お前は、生涯這いまわり、塵を食らう。
お前と女、お前の子孫と女の子孫との間に
わたしは敵意を置く。
彼はお前の頭を砕き
お前は彼のかかと砕く。

■雅歌
柘榴の木:「雅歌」を典拠とし、純潔を象徴する。
シュラムのおとめ(中世では聖母マリアと同一視)
「曙のように姿を現すおとめは誰か。
 満月のように美しく、太陽のように輝き
 旗を掲げた軍勢のように恐ろしい。」 (雅歌6:10) 
「わたしはシャロンのばら、野のゆり。」 (雅歌2:1)
「おとめたちの中にいるわたしの恋人は
 茨の中に咲きいでたる百合の花」(雅歌2:2)
「首はみごとに積み上げられたダヴィデの塔」(雅歌4:4)
「恋人よ、あなたはなにもかも美しく、傷はひとつもない。」(雅歌4:7)
「園の泉は命の水を汲むところ」(雅歌4:15)
「わたしの妹、花嫁は、閉ざされた園」(4:12)
「なつめやしの木に登り 甘い実の房をつかんでみたい」(7:9)

■エゼキエル書
閉じた門 (エゼキエル書44:1-2)
主はわたしに言われた。「この門は閉じられたままにしておく。開いてはならない。だれもここを通ってはならない。イスラエルの神、主がここから入られたからである。」

■旧約聖書外典
汚れのない鏡 (旧約聖書外典『ソロモンの知恵』7:26)

■ヨハネ黙示録(12:1) 女と竜

「また、天に大きなしるしが現れた。一人の女が身に太陽をまとい、月を足の下にし、頭には十二の星の冠をかぶっていた。女は身ごもっていたが子を産む痛みと苦しみのために叫んでいた。また、もう一つのしるしが天に現れた。見よ、火のように赤い大きな竜である。これには七つの頭と十本の角があって、その頭に七つの冠をかぶっていた。」

 

El GRECO, The Virgin of the Immaculate Conception, 1608-13

 

 PACHECO, The Immaculate Conception, 1621

フランシスコ・パチェーコ Francisco Pacheco 1564-1644 画家としてセビーリャで活躍。1611年頃、ディエゴ・ベラスケスがパチェーコの工房に入門。ベラスケスはパチェーコの娘と結婚した。パチェーコは、著述家として1649年に『絵画論』を表した。また、異端審問所付美術監督官も務めた。

 

VELÁZQUEZ, The Immaculate Conception, c.1618

 

ZURBARÁN, The Immaculate Conception, 1630-35

 

MURILLO, The Immaculate Conception, 1665-70

 

ANTOLINEZ,  The Immaculate Conception, c.1665

 

他の図版の入手方法
http://www.wga.hu にアクセス/ENTER HIREをクリック/上部メニューのSEARCHをクリック/TITLE欄に「Immaculate Conception」と入力/Seach!をクリック→31件ヒットします。


nice!(0) 

nice! 0